畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「論語の読み方」を読む。
渋沢栄一の「論語と算盤」を読んだおかげか、
ちょいと論語について勉強してみたくなったので、ちょいと買ってみた。

渋沢氏による解説が現代語で書かれているので読みやすい。


論語というと漢文で、小難しいイメージがあるけど、
内容そのものは道徳的なことというか、
物事に対する考え方の指針となるようなことが書かれている印象。


今も昔も物事の本質は大して変わらない印象。

孔子や渋沢氏による指摘は現代にも通じている気がする。


久しぶりに良書に出会った。

これは大切にしたい。


渋沢栄一「論語」の読み方渋沢栄一「論語」の読み方
(2004/10)
渋沢 栄一

商品詳細を見る







より「よい仕事」をするためには。
よりよい仕事をするためには、よりよい成果を残すためには、
多少の摩擦を恐れてはいけない。

ほどほどに、無難にやろうとしていては、結果なんて残らない。

そんなことを感じつつある今日この頃。


よりよい仕事をするためには、
摩擦を恐れず、批判を恐れずに、正しいと思うことを率直に言うべきだし、
それをやってみせるべき。

じゃないと、結果が残らない代わりに、後悔が残る。



生意気だ何だと思われたとしても、
よりよい仕事をして、結果を残すためには、妥協しない。

きっと、それをやるのが、プロフェッショナル。


俺自身、そーゆー心意気を持って仕事に取り組もう。



「できる!」と言おう。
できないと分かっていることを
「できます!」と言うと信頼をなくすので一概に言えないが・・・

やっぱり「できます!」「やります!」って言うときが一番気持ちイイ。


何かをやろうとしたとき、
多くの人は「○○だからできない。。」と言う。

一年前の俺もそうだっただろう。


だけど、「○○という課題をクリアすればできるってことだよね?」

と、発想を転換することがすっごく重要。

リクルートでバリバリに営業をやっている友人によれば、
「じゃ、どーゆー商品になったら、この商品を買ってくれますか?」
と、お客さんに聞くことさえあるとか。


どーすりゃできるのか、どーだったら、いつになったらできるのか。

そーやって解決の条件や方法を考えないと、
結局はいつまでたってもやらないし、何かを為しえることなんてできない。


世の中大体のことは、やればできる。

できないとしたら、
「やってない」か、「やり方が悪い」かのどっちか。




俺自身、2年近くかかってやっと気がついたことがある。


やりたいことは沢山ある。山ほどある。

だけど、やりたいことをやるために、やるべきことも、また、
やりたいこと以上にある。

その、やるべきことをきっちりやらないと、
やりたいことは実現できない。

やりたいことに向かって、
今、自分は何を為すべきかを考え、また、人に教えを乞い行動する。

それが大切なんだって。



ぼちぼちエネルギーの充電も完了したかな?

そろそろオフェンシブに行きますかぁ。



やっぱり・・・その笑顔、反則です。
今日の日記はつらつらと。



引越しに向けて部屋にある要らないものを整理していたのだが・・・
意外とモノが増えていなかった。

増えたといえば・・・本。

持ってきた本の1.5倍に増量している感じ。


ざっと見たところ・・・全部で200冊ほどか。

今回は何箱になるのだろう。



===

それから、今日はウィスキーを調達してきた。

「シングルモルト宮城峡」


ニッカのウィスキーも、
・ 竹鶴12年
・ シングルモルト余市
・ ブラックニッカ
・ モルトクラブ
・ ピュアモルト
と飲んだことがあるが、唯一まだ飲んでいないお酒。

これで一般の店頭に並んでいるニッカのウィスキーは完全制覇かな?


===


にしても、やっぱり・・・
































































その笑顔、反則です。(再掲)



リアルに高校生みたいな恋しとる。

俺も若いもんだ。




相手の話を引き出す作法。
最近、分かって来たこと。


相手の話を引き出したいとき、

「えぇ、」
「と、いうと?」
「そーなんですか!?」

の3つを駆使すると、大体の人はいろんなことを教えてくれる。

これに加えて、
多少なり自分の知っている知識を挟んでみると、
相手はさらに色々と話してくれる。


ただ、俺自身、会話下手なので、
キャッチボールにならないことが多々あるのが、
歯がゆいところ。

もっともっと会話力を磨かねばならないなぁと思う今日この頃。



ちなみにこの3つのセリフ、
年上だけじゃなくて、同い年や年下相手にも使える。

「うん、」
「と、いうと?」
「そーなんだぁ。」

これに加えて、「で、自分はどーしたいん?」

と、問いかけるとそれだけでカウンセリングができてしまう。


じっくり相手の言いたいことを聞いているので、
的確?なアドバイスが可能になる。


これらを用いると相手が話すペースが速くなって、
せっかく聞き出したことも忘れてしまうことがあるので、
可能な限り話のポイントはメモっておく。

じゃないと忘れる。




さて、明日は久しぶりに営業だ。

ここに書いたことを実践できるかな?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。