畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土壌に関する論点整理。
ちと自分なりに土壌について勉強中。
正確には復習中。

「土壌学の基礎」松中照夫は体系的にまとまっていて分かりやすい。


で、以下はメモ

===

土壌が養分を保持する機能は土壌の負荷電が担っており、
その容量はCEC(陽イオン交換容量)として表される。

土壌が持つ負荷電に陽イオンとしての各種養分が引きつけられることによって、
「養分が保持されている」状態になる。

塩基飽和度(%)=交換性陽イオンの負荷電量/陽イオン交換容量×100

同じCECでも塩基飽和度が低い場合は、
その分だけ水素イオンが保持されるため、pHは低くなる(=酸性になる)。


土壌が酸性化して水素イオンが土壌の負荷電に吸着され続けると、
土壌中の粘土鉱物の結晶構造を破壊し、
結晶構造の一部を構成していたアルミニウムが交換性アルミニウムになる。


土壌の酸性化は雨による影響もある。
雨はCO2を吸収しながら落ちてくるため、天然の炭酸水。

当然、都市部を中心として酸性雨による影響も受ける。


すべての化学肥料が土壌の酸性化を招く訳ではない。

・ 生理的酸性肥料・・・硫安、塩安、硫酸カリ、塩化カリ
・ 生理的中性肥料・・・尿素、硝安、リン安、過リン酸石灰
・ 生理的アルカリ肥料・・・石灰窒素、熔成リン肥、硝酸ソーダ

の3種類のうち生理的酸性肥料が土壌を酸性化させやすい。

土壌に施与されると、
アンモニウムイオンと硫酸イオンor塩素イオン(いずれも陰イオン)に分解。

このうちアンモニウムイオンは植物に吸収されやすいが、
硫酸イオンや塩素イオンは比較的土壌中に残りやすく、
水素イオンと結びつき硫酸や塩酸になる。



土壌の酸性化は直接的に作物生育に影響を与える訳ではない。

土壌の酸性化に起因して、
・ アルミニウム、鉄、マンガンの可溶化、
・ リンの吸収低下
・ カルシウムやマグネシウム不足
・ 微量要素の欠乏
・ 微生物活性の変化
を招くことによって、作物生育に影響を与える。


アルミニウム、鉄、マンガンは土壌中から溶け出し、
作物に過剰に吸収されることによって作物生育を抑制することもある。
特にアルミニウムは要注意。

さらに、リンはアルミニウムや鉄と非常に結合しやすく、
結合すると難溶性リン酸塩化合物になる。

これになってしまうと、水に溶けにくく、
作物がリンを吸収しにくくなってリン欠乏を引き起こしやすくなる。

また土壌が酸性化すると土壌の負荷電に吸着されている
陽イオン(カルシウムやマグネシウム)が雨によって洗い流される。
これにともなって不足することになる。

微量要素のうち、ホウ素は酸性に傾くと作物への有効性が低くなる。
またホウ素、銅はpHが7以上になってもダメ。
作物にとってはpHが5.5~7がベスト。

亜鉛は酸性になると溶脱し、
モリブデンは鉄と結合して作物に吸収されにくくなる。

土壌中の微生物のうち、酸性になると細菌の活性が低下し、
有機物の分解が遅れると同時に、分解に伴って放出される窒素やリンが減少する。


作物の耐酸性は
弱:てん菜、小豆、大麦
弱~中:大豆
中~強:小麦、とうもろこし、チモシー
強:えん麦
最強:イネ、オーチャードグラス


ざっくりとひとまとめにすると、

土壌の酸性化
 ↓
アルミニウム溶出
 ↓
諸々の悪影響

という構図が成り立っているようだ。

===

続きはまた来週だな。

ここまでメモを書き出すのに3時間かかったでや。


大学のときに土壌学の講義をとって、
こんだけのメモを整えてレポートにしてを出していたら
「秀」もらえたんでないかと思えてくる。



「20代のいま、やっておくべきお金のこと」
う~ん・・・なるほど。。


相当お金の使い方を間違っていたようだ。

よくよく振り返ると「お金に無頓着」を地で行っていたわな。


最近、どーも自分は
「お金の貯まらない考え方」をしているのではないかと思って、
この本を読んでみたが、まさしくそのようだ。

事業をやるにしたって、
自分のお金の管理ができないのでは話にならんべし。


まずはコンビニを使うことをやめるのと、1割貯金から始めようか。



で・・・資格に関してはどーすっぺ。

こと診断士試験については、ここ半年くらいずっと勉強してきているが、
コストパフォーマンスが悪いとか何とか、
周りの人たちから色んなアドバイスをもらっているだけに、
ちょっと考えてしまう。

ただ、経営に関する知識を体系的に知っておくことで、
農業をベースに事業を展開していく上できっと役立つと思ったし、
実際上、「あ、これは使える。」と感じ始めている。


例えば財務会計という科目の場合、
「損益分岐点」という考え方を知っているだけで、
今の経営は適正な規模なのか、
何haまで規模を拡大した方がいいのか判断できる。

さらに新規事業や取替設備のための投資を行う際には、
DCFという手法を知っていれば、おおよその数字を明らかにした上で
投資の実行の可否を判断できる。

周りの意見に流されるのではなく、自らの意思として。



そんなことを感じているので、続行でしょう。

ただ2年や3年かけてやるほどの時間とカネ、労力はないので、
今年度試験に1発で合格する。

じゃないと、いよいよコストが高くつく。



まだまだお金に関しては見直すべき点が多いが、
今年はお金以外の面での課題も多いので、できることから少しずつやっていこうか。

20代のいま、やっておくべきお金のこと20代のいま、やっておくべきお金のこと
(2004/05)
中村 芳子

商品詳細を見る


ガレージベンチャーでいこう。
仕事とプライベートのメリハリをつけるために、
事務所設置を検討しているのだが・・・なかなか悩ましい。。

最低限、満たしたい事務所としての機能は
・ 打ち合わせスペースがある
・ デスクワークができる
・ 寒くない
・ 玄関(脱衣)スペースがある
といったところ。


現在、プレハブ案と格納庫2F改造案の2案を軸に検討中。


■プレハブ案
<メリット>
・ 設置、移動が簡単
・ 備え付けの照明がある

<デメリット>
・ 設置に適した場所がない
・ 景観を乱す
・ 内部空間の利用に制限が生じる


■格納庫2F改造案
<メリット>
・ 見晴らしがいい
・ 比較的自由に内部空間を利用できる
・ 現在の景観を乱さずに済む
<デメリット>
・ 改造費が割高になる
・ 不要になった場合には改めて改造費用が生じる
・ 鉄骨をむき出しにすると結露の可能性大
・ 筋交いが邪魔になる


■共通
・ 断熱材を入れてストーブをつければ、寒さ対策は大丈夫
・ 電線を引っ張る必要あり
・ 水道を設置する場合は別途配管が必要


ざっと懸案事項を洗い出してみると、こんなもんか。


この前実家に帰ったときに業者と打ち合わせて
結局、格納庫2F改造案を却下することになったが・・・
なんでだったっけな。

一番の要因は高かったことだ。
まともに改造して住宅並みの内装にする前提で組み立ててくれて、
200万円の見積りを提示されたからだ。


でも、よくよく考えたら、ぶっちゃけ・・・
・ 床板はフローリングじゃなくてコンパネの上にマットを敷いたんでOK
・ 壁もクロス(壁紙)を張らなくてもOK
・ 天井や鉄骨は板を張らずに、吹きつけがむき出しでOK
・ 筋交いもむき出しでOK
と思っているので、この分でかなり削れる。

100万円で積み直してもらったら、
そんな感じのイメージになりそうだったし。


そしたら、ちゃんと断熱材入ったプレハブを買ってきて
設置する費用と大して変わらなくなってくる。


空間を自由に利用できて、
見晴らしのいい環境でデスクワークができたら
それだけでテンション上がるし・・・

どーせ100万円なり投じてやるのだから
自然と利用したくなる事務所を設置したいし。


今度実家に帰った際には
もう一回、格納庫2F改造案を検討し直してみよう。




ゆーいちbooks10選。(作成中)
お勧めというと、その人によってビミョーに異なるので、
自分のお気に入りの本を10冊選んでみた。

===

「なせば成る~偏差値38からの挑戦~」中田宏

「論語と算盤」渋沢栄一

「非営利組織の経営」P・F・ドラッカー

「プロフェッショナルの条件」P・F・ドラッカー

「人生のプロジェクト」山崎拓己

「世界一やさしい問題解決の授業」渡辺健介

「モデル失格」押切もえ

「仕事は5年でやめなさい。」松田公太

「トップ・レフト」黒木亮

「2020年農業が輝く」相馬暁

===

自己啓発書に偏ってるけど、こんな感じかな~。


特に今の俺にとっての原点とも言える本と言えば、
中田宏氏の「成せばなる」だね。

確か高校時代に買った本だと思うが、
当時「農林水産大臣になって・・・!」なんてことも考えていただけに、
「偏差値38からでも青学に行って松下政経塾に行って、政治家になれるんだ!」
と感銘を受けた一冊。

この本を読んでからというもの、
物事に対する考え方が大きく変わったかな。



それから故相馬暁氏の「2020年農業が輝く」も大きく影響を受けたかな。

誰かに貸して以来、迂闊にもこの本をなくしてしまったが。。

2004年に出版された本だが、
6次産業化なんて言葉がまだ農業の世界に普及していなかった当時、
先生が本の中で「これからの農業は1×2×3=6次産業だ」と
言っていたことを今でも覚えている。



今思えば、この2冊から受けた影響ってやつはハンパじゃない。

よく「その人の人生は出会った人と読んだ本によって決まる」
みたいなことが言われているけど、ホントそうだなと思う今日この頃。



やっと目標としたい人に出会えた。
「この人みたいになりたい!」って思えるような人にやっと出会えた。

今日は5時に起きて往復500kmを走って日帰りで
本別まで行ってきて正解だった。

俺自身、先輩から今回のお誘いを受けたときに、
「行く!」って即答した直感は間違いじゃなかったようだ。

めっちゃ興奮した。


小麦を6品種作付けている方だったが、
生産管理でいうところの5Sが徹底されていたし、
段取りを極めている印象。

彼を超えるのが当面の目標ですわ。



それから、
機械化農業を地で行くような人のところも訪問したのだが、
こちらも経営コンセプトが明確で感動した。

「ワンマンオペレーティング」

機械化によって徹底的に省力化を図っていた。

クラース社から出ている最近のコンバインは小麦・大豆に加えて
刈り取り部分を専用機に取り替えれば、
小豆も収穫できることを知れたのはひじょ~に大きい。

新車で3000万円するコンバインだけど、
秋まき小麦、小豆、大豆と収穫時期の違いを利用して使い回すことによって、
資産回転率を高めて減価償却コストを圧縮している印象。

あのスタイルは理にかなっているというか、理想的だった。


あと彼のセリフで印象的だったのは
「土壌を計数管理すれば他産業に負けないくらいに儲かる」
と、言っていた事。

一緒に行ったメンバーの一人が所得について質問していたが・・・
そーとー稼いでいる感じ。

車はBMWだったし、ハーレーのジャンバー着ていたし。


俺自身、30歳年収1,000万円ってのをストレッチ目標に据えていたけど、
今日の話を聞いて必達目標に変更ですわ。

そんくらい気合かけて行動しないと、
彼らを追い越すどころか、追いつくことさえできない気がしてきた。



そんなこんなで、明日仕事があるからと言って
みんなとメシに行かずに帰ってきた割にはこんな時間になってしまった。

いい加減、そろそろ寝なければ。



今日はホント刺激を受けた。

誘ってくれた先輩に感謝感激です。ホントに。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。