畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


十勝型GAP
いや~、知らなかったでや。

地元の農協でもGAPの取り組みを昨年から進めているのね。


いま十勝では「十勝型GAP」なるものを推進しているようだ。

去る10日にその説明会があったみたいで、
その資料をもらいに農協に行って話を聞いてきた。


で、十勝型GAPの取り組みの背景としては・・・

買い手(イオン、生協・・・etc)からGAPに取り組むことを求められている。
個別にそれぞれの適合基準に合わせていられない。

かといってJGAPの認証を取るのは、
多くのめんどくさいことに取り組まないといけないし、経費負担も大きい。
すなわち、全ての農家に普及させるのは難しい。

あと、十勝の作物にはど~も適合していない感じ。

じゃぁ、どーしよーか。
みんなが取得できそうなレベルのGAPを作って、
十勝で一丸となってGAPに取り組んでいるオーラ出そうぜ!

てな感じのようだ。


十勝型GAPの存在に気がついてから、
「きっと、そんなもんだろな~」とは思っていたけど、本当にそうだとは。。

農協サイドの
「どーせ、農協としてJGAPを推進したところで、
個々の農家はやれない(やらない)でしょ?」
というスタンスが見え隠れしとる。


しかも、十勝型GAPは認証制度として確立されている訳ではなく、
あくまでも十勝農協連による自主的な「取り組み」のようだ。

十勝管内では、まだ取り組んでいない農協も多く、
仮に認証制度になるとしても数年後らしい。

ちなみに内地では府県レベルでGAPを認証する制度があるようだが、
道庁は取り組む気がないようだ。

「食の安心・安全に取り組みます!」っていうなら、
全道的にJGAPの認証取得に向けて動くべき。

JGAPへのステップアップ認証として道認証をつくるとか。



まぁ、十勝型GAPは予想通り「そんなもん」であることが分かったので、
うちの農場としては、当初の予定通り
JGAPの取得に向けて取り組みを進めていこうと思う。

元々、今年については農場の運営管理の計数化を図って、
事業戦略や計画の立案の基礎資料となる情報を体系的に整備したり、
農場マニュアルのようなものを整備したいと思っていたので。

なので、適合基準を参考にしながら、
日々の仕事を通じて少しずつ適合基準に合うように
農場の運営管理を改善していこう。

来年、2012年度の認証取得を目標に。

JGAPに関して、オヤジも多少なり理解のある人でよかった。
二人三脚で取り組んでいけそうです。


十勝管内でも池田で個人認証を取った人がいるみたいなので、
ヒマがあるうちに話を聞きに行かねばならない。
http://www.tokachimail.com/ikeda/backnumber2010.php?d=20100722
(2010.7.14の記事)

誰か一緒に行きませんか?笑


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yufarm.blog58.fc2.com/tb.php/171-08d38f5c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。