畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


土壌に関する論点整理。
ちと自分なりに土壌について勉強中。
正確には復習中。

「土壌学の基礎」松中照夫は体系的にまとまっていて分かりやすい。


で、以下はメモ

===

土壌が養分を保持する機能は土壌の負荷電が担っており、
その容量はCEC(陽イオン交換容量)として表される。

土壌が持つ負荷電に陽イオンとしての各種養分が引きつけられることによって、
「養分が保持されている」状態になる。

塩基飽和度(%)=交換性陽イオンの負荷電量/陽イオン交換容量×100

同じCECでも塩基飽和度が低い場合は、
その分だけ水素イオンが保持されるため、pHは低くなる(=酸性になる)。


土壌が酸性化して水素イオンが土壌の負荷電に吸着され続けると、
土壌中の粘土鉱物の結晶構造を破壊し、
結晶構造の一部を構成していたアルミニウムが交換性アルミニウムになる。


土壌の酸性化は雨による影響もある。
雨はCO2を吸収しながら落ちてくるため、天然の炭酸水。

当然、都市部を中心として酸性雨による影響も受ける。


すべての化学肥料が土壌の酸性化を招く訳ではない。

・ 生理的酸性肥料・・・硫安、塩安、硫酸カリ、塩化カリ
・ 生理的中性肥料・・・尿素、硝安、リン安、過リン酸石灰
・ 生理的アルカリ肥料・・・石灰窒素、熔成リン肥、硝酸ソーダ

の3種類のうち生理的酸性肥料が土壌を酸性化させやすい。

土壌に施与されると、
アンモニウムイオンと硫酸イオンor塩素イオン(いずれも陰イオン)に分解。

このうちアンモニウムイオンは植物に吸収されやすいが、
硫酸イオンや塩素イオンは比較的土壌中に残りやすく、
水素イオンと結びつき硫酸や塩酸になる。



土壌の酸性化は直接的に作物生育に影響を与える訳ではない。

土壌の酸性化に起因して、
・ アルミニウム、鉄、マンガンの可溶化、
・ リンの吸収低下
・ カルシウムやマグネシウム不足
・ 微量要素の欠乏
・ 微生物活性の変化
を招くことによって、作物生育に影響を与える。


アルミニウム、鉄、マンガンは土壌中から溶け出し、
作物に過剰に吸収されることによって作物生育を抑制することもある。
特にアルミニウムは要注意。

さらに、リンはアルミニウムや鉄と非常に結合しやすく、
結合すると難溶性リン酸塩化合物になる。

これになってしまうと、水に溶けにくく、
作物がリンを吸収しにくくなってリン欠乏を引き起こしやすくなる。

また土壌が酸性化すると土壌の負荷電に吸着されている
陽イオン(カルシウムやマグネシウム)が雨によって洗い流される。
これにともなって不足することになる。

微量要素のうち、ホウ素は酸性に傾くと作物への有効性が低くなる。
またホウ素、銅はpHが7以上になってもダメ。
作物にとってはpHが5.5~7がベスト。

亜鉛は酸性になると溶脱し、
モリブデンは鉄と結合して作物に吸収されにくくなる。

土壌中の微生物のうち、酸性になると細菌の活性が低下し、
有機物の分解が遅れると同時に、分解に伴って放出される窒素やリンが減少する。


作物の耐酸性は
弱:てん菜、小豆、大麦
弱~中:大豆
中~強:小麦、とうもろこし、チモシー
強:えん麦
最強:イネ、オーチャードグラス


ざっくりとひとまとめにすると、

土壌の酸性化
 ↓
アルミニウム溶出
 ↓
諸々の悪影響

という構図が成り立っているようだ。

===

続きはまた来週だな。

ここまでメモを書き出すのに3時間かかったでや。


大学のときに土壌学の講義をとって、
こんだけのメモを整えてレポートにしてを出していたら
「秀」もらえたんでないかと思えてくる。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yufarm.blog58.fc2.com/tb.php/160-baf84127



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。