畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


防除の考え方part4
そろそろシリーズ化というか、
連載テーマとなってきた防除の考え方。

先週、先々週と病気、害虫について考えてみた。

今週は雑草について考えてみよう。



教科書的には水田雑草と畑地雑草とあるようだが、
ここでは当然、畑地雑草に着目して話を進めていこう。

「花より男子」のつくしじゃないけど、
雑草ってやつはすげー強いんだ。

ちょこっと成長すると、
ビシッと根っこを張るわ、茎は堅くなるわ、
作物の何倍の背丈にもなるわ。

雑草畑にするとドエライことになる。


で、なんで雑草たちが厄介者扱いされるかというと、
農作物より生命力が強いので、
大きく育って作物を覆いかぶさってしまうことがある。

それによって、作物が十分に光合成できなくなって、
成長が阻害されてしまう。

これが一番大きい。

他に栄養成分が奪われるといった点もある。


実際に畑にて雑草に負けている農作物を見てみると分かるが、
周りの農作物と比べても小さいのなんの。

こじんまりとしているので、見ていてこっちが情けなくなってくる。


で、これが畑全面で起こってしまうと・・・
生育不良→収量減、品質低下→収入減
となってしまう訳だ。

だから農家は草取りに一生懸命になるという理屈。


ちなみに一口に雑草といっても、植物には変わりなく、
大きく1年生雑草と多年生雑草の2種類がある。

1年生雑草はその名の通り、春に発芽して秋に枯れるタイプ。
多年生雑草は地中に根が残っている限り、何度でも生えてくるタイプ。

この多年生雑草が実にやっかいな存在。

上っ面だけとっても、何度でも生えてくるために、
根っこから引っこ抜かないといけない。

中でもギシギシは最強。

あいつら、大きく成長して周辺の作物や草を片っ端から枯らしやがる。

しかも一度大きく成長すると、
根っこは深いわ、そのくせ抜こうとすると途中でブチッと切れるわ。



そして雑草ってやつは、
どれくらい種が地中に埋まっているのか把握できたもんじゃないので、
人為的に減らすことは難しいが増やさないことは可能。

なので、いかに雑草の種を落とさせないか、を考えていく必要がある。

ギシギシがいい例。
放っておくと種をつけて、その種が畑に落ちるのだが、
その翌年・・・そいつらがわんさか生え出す。

もの凄い勢いで勢力を拡大して
牧草畑のはずがギシギシ畑になってしまうので、
早めに手を打たないといけない。

種をつける前に取り除いてしまう、
もしくは、枯らしてしまうということがポイントになってくる。


なので、1年生雑草に対しては、こまめにカルチを入れることによって
雑草が大きくなる前に除去してしまう。

多年生雑草に対しては、極力人手によって根こそぎ抜き取ってしまう。

といった取り組みが必要になる訳だ。



あと、なんといっても農作物を順調に育て、
雑草との競争に勝てる条件を整えることが最大の雑草防除。

攻撃こそが最大の防御ってやつだ。

農作物が大きく育って、地表面を覆ってしまって、
地表面に光が届かなくなってしまえば、こっちのもん。

地温が上昇しないことに加えて、光合成ができなくなるので、
雑草が生える余地がなくなる。

作物自身の成長を促すという点では「土づくり」
また、早々に農作物によって地表面を覆うという点では、
畝間・株間を狭くするという方法も考えられそうだ。



ちょっとまとまりがない文章になってしまったが、
とりあえず、雑草についてはここまで。

part5では、今までの考え方を整理してみよう。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yufarm.blog58.fc2.com/tb.php/127-995e14d2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。