畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○○業者。
業者と聞くと、あんまりいいイメージが湧かない。

どちらかというと、下に見ているというか、そんな感じ?


で、最近、「農業者」や「漁業者」という言葉を聞く。

この言葉、あんまり好きじゃない。


まだ、「農家」や「漁師」という言葉の方がマシ。

漁師なんていうと響きがカッコイイ。


もしかしたら、農家や漁師の自然から食料を得るという
崇高な目的が見失われている証拠なのかもしれない。


一昨年、とある若手農家の人と話をしたとき、彼は言った。

「書道家とか料理家とか、そういった意味での農家になりたい。」と。

当時は正直ぴんとこなかったが、
今なら無条件で共感できる気がする。


春からもう一度、農業の世界にチャレンジする訳だが、
農業者や漁業者と言われる存在に成り下がってはいけない。

経営者に、技術者になってやろう。

なんだかそう思う。


※ちょうど放映中のプロフェッショナルに影響されてます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yufarm.blog58.fc2.com/tb.php/120-1ad9f919



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。