畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


防除の考え方part2
さて、part1では、そもそも論について考えた。


では次に、病気、害虫、雑草について、
それぞれ作物が影響を受ける理由と対抗策について考えていこう。


part2では、病気について考えてみよう。

作物のおける病気の発生は、
病原微生物が増加しやすい条件と、作物が感染しやすい条件とが
一致したときに多発すると言われている。


病原微生物(糸状菌、細菌、ウィルスetc)が増加しやすい条件は、
温度と湿度の2つの面から捉える必要がある。

温度については、例えば馬鈴薯の場合、
軟腐病菌は32~33℃、輪腐れ病は20~23℃で最も繁殖する。

ただ、病原微生物の活動が活発になる温度のとき、
作物自身の生育も旺盛になり、病原微生物に対する抵抗力が高まるので、
病気になるとは一概に言えないようだ。

そこでポイントになるのが湿度。

病原菌の多くは低湿だと活動が抑えられ、高湿になると活発になるようだ。
活動が活発になることで、病原菌が増殖し、
作物に影響を及ぼすようになるという訳だ。



また、作物側の条件として、
・ 遺伝的条件(抵抗性)
・ 生理的条件(土壌の肥沃度、pH、水分)
・ 栽培環境の条件(地形、連作、風害・霜害)
の3つがある。

とくに、生理的条件について、
多肥・高湿条件の下で育った作物は軟弱で病気にかかりやすい。
農家の人なら経験的に知っていると思うが。


また豆類や馬鈴薯などを連作すると、
病原菌の密度が高まり、連作障害を起こすことになる。

馬鈴薯のシストセンチュウや豆類の落葉病がその典型例だ。



ということは、だ。

ちょこっと今回取り上げた話をまとめると・・・
多肥・高湿にしない、連作をしないことが、
作物を病気にしないポイントになるということだ。


関係者の皆様、当たり前の結論でごめんなさいm(_ _)m



一先ず病気についてはここまで。

続きはpart3へ。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://yufarm.blog58.fc2.com/tb.php/109-65e39e52



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。