畑と牛と要相談。~十勝清水の農家のブログ~
日々の出来事、読書の軌跡等を記した雑記帳です。
プロフィール

つなぎ時々スーツ

Author:つなぎ時々スーツ
「食べる喜び、つくる喜び」を提供する会社をつくって、北海道農業を世界に誇れる産業にすることが目標。現在は縁あって札幌の建設(環境)コンサルで働くかたわら、中小企業診断士試験の2011年度試験一発合格を目指して、夜な夜なスタバで勉強する日々。夢は「平成の渋沢栄一」と言われるようになることです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


補助金をもらって当然??
農業は食料生産を担い、
人々にとってなくてはならない産業だから、
補助金によって下支えされて当然。

アメリカだってヨーロッパだって補助金で支えているでしょ?

そんな感覚が農業関係のほとんどの人々にあると思う。


でも、俺はそれはおかしいと思う。

農業生産者として補助金をもらっているってことは、
国に(=他産業の人々)に頼っているということに他ならない。

なんだか情けなくないか?

そう思うのだが。


収入の半分が補助金とか、なんだかかっこ悪い。

しかも財政だって破綻していることを考えたら
このままの状況が続くとも思えない。



ニュージーランドは補助金0でも農業をやれているらしい。

やろうと思えば可能なんだよ。


日本だってできないことはないと思う。
ましてや十勝みたいな大規模にやれるとこなら尚更。


これから目指すべきは、補助金に依存しない農業。
もっというなら補助金を必要としない農業。

そんな農業生産システム、食料供給システムを構築することが
求められているんじゃないだろうか。


周囲を見渡しても、
まだまだそのことに気がついている生産者は少ないように思う。

せめて自分だけでも成し遂げてやる。

そうすれば農業の未来が拓けるはず。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。